事務所封筒

「封筒は送ることができさえすれば何でもいい」と思ってはいませんか?

事務所封筒は、単純な発送の道具ではありません。
依頼者に「しっかりしている事務所」と安心感を与える大切な役割も担っています。

弁護士の方々の封筒を制作していて、長いこと疑問に思うことがありました。数多ある封筒のなかで、なぜ似たようなイメージの封筒を選ばれる方が多いのだろう・・・?

それで気づいたこと。

弁護士の方々にとって、事務所封筒は、単なる発送の道具ではなく、
・依頼者のもとに届ける、事務所の顔であり
・事務所らしさを伝えるブランディングツールであり
・依頼者情報を大切にしていることを伝える隠れたメッセージツール

派手ではないけれど堅実。

お洒落でも品がある。

合理的でシンプル。

事務所封筒は、身近で手軽なマーケティングツールでもあるのです。

「そんなこと考えたことがなかった」
と思われた先生は一度検証されてみてはいかがでしょう。

✔封筒は事務所のイメージに沿ったデザインでしょうか。

✔封筒や名刺やホームぺージは一貫性がございますか。

✔封筒の色は事務所のイメージに合っていますか。

✔きれいに印刷されていますか。

✔封筒の中身は透けていませんか。

 

当社でよくご利用されている事務所封筒をご紹介します。

1 中身が透けない特殊コーティングがされた封筒を利用されています。

個人情報保護の観点から、封筒の内側に中身が透けないコーティングがされた封筒を利用されています。

コーティングがされていない場合

コーティングがされた場合

2 使用頻度が高い長3封筒は、シール付きです。

事務作業軽減のため、使用頻度が高い長3封筒はシール付きで封緘を楽にされています。
※長3(ながさん)封筒とは、A4サイズの用紙を三分の一に折って入るサイズの封筒です。

3 使用頻度の低い角2封筒は、シールなしです。

角2封筒もシールを付けられるのですが、長3封筒より面積が大きい分費用がかかってしまうので、多くの事務所は使用頻度の低い角2封筒はシールなしとされています。
※角2(かくに)封筒とは、A4サイズの用紙がそのままゆったり入るサイズの封筒です。

4 デザインは1点もの。他の事務所との差別化をします。

イメージをお聞きして制作します。

カラーは7色から選べます。

中身が透けないタイプの長3封筒

長3封筒

中身が透けないタイプの角2封筒

角2封筒