【挨拶状】弁護士さんにとって挨拶状が良い本当の理由


弁護士さんにとって挨拶状が良い本当の理由

弁護士さんにとって挨拶状が良い本当の理由をご存じでしょうか?

挨拶状は、縁遠くなっている方や、これから関係を深めていきたい方へのファーストアプローチとして、「最善の」ツールです。

どなたかの人生を左右する可能性が高い、弁護士の先生のような職業の場合、ご自身のイメージを損なわずに相手の方に近況をきちんとお知らせすることは、殊の外重要なことです。

お知らせが目的でしたら、他にもメール、SNSのメッセージ、電話、FAX、はがき、DM、広告と様々あります。そのようななかで、挨拶状という形式は、文章にして自分の思いをしっかり伝えることができ、押しつけがましさがなく、真摯に伝えることができるという点で優れ、ほかに代わるものは見当たりません。

今時挨拶状なんて古臭くて、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、弁護士さんの場合、事務所開設のご案内や、入退所のお知らせなどさまざまな場面で利用され、さりげなく、決意、専門性、感謝を綴られています。

「丁寧に気持ちを伝えたい」場合には、挨拶状という形式を検討されてみてはいかがでしょうか。

また、通り一遍の挨拶だけでは、挨拶状を出す意味がありませんので、出される場合は、相手への敬意と同時に、どうしたらご自分を知っていただき、思い出していただき、記憶に留めていただけるかを、ぜひ考えてみてください。
その時間は、気持ちの整理や棚卸しになり、文章はきっとご自身にとっても役に立つはずです。