協北印刷日本初・弁護士の価値を高め、集客力・収益力の強化をサポートする弁護士専門印刷会社

労多く報われることが少ない案件でも思いもよらぬきっかけで脚光を浴びる


日曜劇場「99.9─刑事専門弁護士─」が面白いと書きましたが、

面白いというのには別の側面もあります。

それは、

労多く報われることが少ないような案件でも、
思いもよらないきっかけで、脚光を浴びることがある

ということ。

ご存じのように、日本の刑事裁判の無罪率は、無罪を主張した場合には約1%。
すべての事件を含めると0.1%といわれています。
そのくらい、一度起訴されてしまうと、それを覆すのは至難の業。

それが、ドラマ仕立てになると・・・・

「無罪を証明できる確率、0.1%」
そして魅力的な俳優が弁護士役で颯爽と並ぶ。

そうすると、どんなことが起きるかというと、
ゼロに等しいにもかかわらず、事実と丹念に向き合い、無罪を証明しようとする弁護士は頼もしく映ります。

確率が低ければ低いほど希少性が際立ってくるのです。

もちろん、これはドラマの中の話。

現実は違います。

ただいえることは、今回のドラマがきっかけで、いま刑事弁護士に脚光が当たり
同時に、刑事事件の難しさも知られるようになった、
とは思いませんか・・・?

刑事事件がいいとお勧めしているわけではないのです。

伝えたいのは、どのような案件にも、

労多く報われることが少ないような案件でも、
思いもよらないきっかけで、脚光を浴びることがある

ということです。

先生が普段抱えている仕事の中にも、弱みが強みにかわる瞬間が訪れる可能性がある、ということです。

そのような視点で、かかえている仕事の棚卸をされてみるのも面白いかもしれませんね。

ご自身や同業者からみたら、ありきたりのことが、案外他人や異業種の方からしたら、すごいということはよくあることです^^

いつでもチャンスをものにできるように。

そのためにも、入念な準備は欠かせないということです。

なにかのヒントになれば^^